「Overwatch」のロックアウト・エリミネーション”6対6モード”がアーケードに実装!

「Overwatch」のロックアウト・エリミネーション”6対6モード”がアーケードに実装!

PC PS4 XBOX ONE

「overwatch(オーバーウォッチ)」の一周年記念アニバーサリーイベント終了と併せて、新モード「ロックアウト・エリミネーション」がアーケードに追加されました。

ロックアウト・エリミネーションとは、3対3で行われるエリミネーションの6対6バージョン、リスポーン無しで先に3勝したチームが勝利となるモードです。

このモードの一番のポイントは、勝利したチームは勝利時に使用していたヒーローを次の試合で使用することが出来ないという点です。
コントロールと比較した場合、相手のピックを想定して2回戦、3回戦とピックを変えていくのですが、ロックアウト・エリミネーションの場合、相手の組み合わせだけではなく、次の試合のことも考慮しながら組み合わせていかなければなりません。
また本モードの専用マップにヘルスパックは無く、ピックの組み合わせによってはヒーラー無し、タンク無しで次の試合をしなければいけない、なんてこともあります。
負けた側は、前の試合で相手チームがピックしたヒーローは次ピックされないので、組み合わせ次第では敢えてヒーラーを温存するといったプレイも戦略として考えられます。

”全てのヒーローをどう使い分けるか”が重要になるゲームなので、通常とはまた違ったプレイを楽しむことが出来ます。

ロックアウト・エリミネーションに関する動画

余談ですが、通常のモードにもチームの生存状況が確認できるUI実装してほしいなぁ・・・。

お勧めニュース