「FF14」6月16日を持ってPS3版サービス終了 PS4 版へ自動アップグレード実施

「FF14」6月16日を持ってPS3版サービス終了 PS4 版へ自動アップグレード実施

PC PS4

6月16日より予約購入者を対象にアーリーアクセスが開始される人気MMO「ファイナルファンタジー14:紅蓮のリベレーター」。

新拡張と併せてPS3版のサービスが終了することが決まっており、その補償として無料でPS4版へのアップグレードを行うことがアナウンスされました。
具体的な日程は決まっていませんが、”今後環境が整った際に”の文面からすぐに揃えなくてもPS3版でプレイしていたユーザーは対象になるようです。

尚、既にPS4版のアクセス権を持っているユーザーは対象外との事。

PS3版は2013年8月に発売し、約3年近くサービスが行われていた。昨年10月にPS3版のサービス終了が正式に発表され、今回の拡張”紅蓮のリベレーター”、いわゆるパッチ4.0適用後はPS3版では起動そのものが出来なくなる。
PS3版終了により、今後はPC版とPS4版を前提に開発することが出来、ハイクオリティなグラフィックを始め、システム面でも今まで出来なかったことが実装可能になるようです。

FINAL FANTASY XIV: Stormblood Launch Trailer

情報元:finalfantasyxiv.com

お勧めニュース