『ゴーストリコン ワイルドランズ』プレイのすすめ1:マーキング

『ゴーストリコン ワイルドランズ』プレイのすすめ1:マーキング

PC PS4 XBOX ONE コラム

本作は隠密行動をベースとしており、これはどの難易度でも同じで力押しによる攻略は難しいゲームです。
難易度ノーマルでもプレイヤーの体力も低いため、プレイヤースキル次第ではありますが3人以上に囲まれるとすぐにやられてしまいます。

隠密行動の基本は、まずはドローンや双眼鏡を使い敵の人数や位置を把握。確認が取れたら、その中でもっとも安全なルートを決めて進めていくというものです。
そこで今回はプレイ時の注意点をまとめてみました。

マーキングの使い方:検索と処理

敵は通常敷地内を巡回している兵士、高台で見張りをしている兵士がいます。
さらに兵士だけではなく、サーチライトや警報機なども存在し、警報機は電源を切ることで一時的に無効化することが出来ます。

難易度が上がったり、また状況によっては警察(ボリビアのユニタッド・紫のマーク)が通る場合もあるので、マップは常に意識してみておきましょう。
マップでは、敵のいる場所はオレンジ色になっており、このあたりを調べると敵を確認することが出来ます。
尚、最も難しい難易度を選んだ場合はオレンジ色の表示はありません。(画像参照)

敵の確認が出来たら、以下のことに注意して進めていきましょう。

1.高台の兵士は最優先で処理

高台にはスナイパー、またはタレットを扱う通常兵士、そして見張りの兵士がいます。
兵士の種類に限らず、まずは高台の兵士を処理することをお勧めします。理由は、敷地内に入ったり、入る前に気づかれると非常に厄介で、特にタレット兵はタレットの盾もあった処理が難しくなります。
また最初にも挙げたとおりプレイヤーの体力が低いので、タレットやスナイパーを放っておくとすぐにやられてしまいます。

2.サーチライトを壊す

夜限定ですが、サーチライトが動いている場合があります。
これはライトを撃つことで壊せますので、早めに壊しておきましょう。

3.ノックアウト

敵に近づいた状態でRスティックを押すと接近攻撃を行います。銃は弾の制限がありますので、施設内では弾薬を抑えるためにもノックアウトを有効活用しましょう。
尚、弾薬は施設内に弾薬箱が置いているので見つけたらこの付近を開放することを優先して処理しておくと有利になります。

マーキングの使い方:チームプレイ

本作でもっとも重要な要素「マーキング」。
ソロの場合は1~3のチェックを入れておけば、AIが照準を合わせてくれます。もしも障害物に隠れた場合などは頭上にクルクルと回転するアイコンが表示されるので、こちらの表示がない状態を確認して処理しましょう。基本処理をミスすることはありません。

実行は×ボタン長押し、またはプレイヤーが攻撃を仕掛けると実行されます。(クールダウンあり)

ただし、処理できるのはプレイヤーを含めて最大4名まで。5名以上の場合は攻撃をやめるか(ターゲットは×ボタンで解除)、一人が遠くにいってから処理しましょう。
ですので、まずは観察して動かないグループ、動く兵士を見極めてどの敵を処理していくか調整しながら進めていきましょう。

オンライン時も出来る限り番号を決めておき、マーキングした敵を優先的に倒すことを心がけましょう。

次回は序盤に持っておいたほうが良いスキル、武器の増やし方などについて紹介します。

お勧めニュース