『Overwatch(オーバーウォッチ)』ロードホッグとウィンストンの調整を検討

『Overwatch(オーバーウォッチ)』ロードホッグとウィンストンの調整を検討

PC PS4 XBOX ONE

Blizzardは先日PTR向けに最新パッチをリリースし、最新パッチでは主にバスティオンとマーシーに大幅な変更が加えられました。
昨年5月以来度重なるパッチをリリースしている本作ですが、同社は次のアップデートでロードホッグとウィンストンの調整に取り組んでいることを主任デザイナーのGeoff Goodmanが明らかにしました。

以下が現時点で明らかになっている調整です。
※今後変更になる場合があります。

ロードホッグ
■チェイン・フックのクールダウンを6秒から8秒へ
■チェイン・フックで引きつける位置が2mから3.5m手前へ
■スクラップガンの拡散率を20%減少
<調整方針>
チェインフックを何度か調整してきたがまだ強すぎると認識している。
今回の調整ではフック能力を見直す代わりにスクラップガンをより使いやすいものへと調整してバランスをとる。
ウィンストン
■クリティカルヒット範囲が15%減少
<調整方針>
ウィンストンの頭のヒット判定が他キャラクターと比べて異常に大きく、予想よりも多くダメージを受けていた。
今回の調整で他ヒーローと同程度になると予想している。

現在テスト中のパッチではこれらの調整は導入されておらず、今後いつ導入されるかはまだ明らかになっていません。
シーズン3が間もなく終了されることを考えると、PTRにアップデートされるタイミングはそこまで遅くはないと思われます。

情報元:Blizzard Forums

お勧めニュース