Activision Blizzardが2016年の売上げ66億ドルを達成。昨年比42%アップ

Activision Blizzardが2016年の売上げ66億ドルを達成。昨年比42%アップ

news

Activision Blizzardは9日、2016年第4四半期報告会にて2016年の売上高が66億ドルを計上したと発表しました。これは2015年の売上高46億6,000万ドルを42%も上回ったことなります。
同社はCall of DutyやOverwatchなどのタイトル、更にe-sportsへの関心が高まった事を評価。2016年は世界をリードする企業として地位を更に強化でき、予想を上回る収益を達成したと述べている。

また、毎月のアクティブユーザーは4億4,700万人に達し、ユーザーは430億時間以上をActivision Blizzardのコンテンツに費やしていると利用率の高さを語った。
しかし、一方で人気シューティンゲーム「Call of Duty:Infinite Warfare」は期待を満たせず、2017年は”伝統的な戦闘が再び舞台”になると発言。

2017年は、今秋リリースのDestiny2、そして原点回帰をテーマにしたCall of Duty新作が控えていますが、既存タイトルのOverwatch、Hearthstone、World of Warcraft、Call of Dutyのユーザーへのサポートに専念するのとのこと。

gameinformer.com

お勧めニュース